« SlowTourIZUMO City Mobility Project 2010 | メイン | City Switch 2011 出雲 SlowTourIzumo 無人駅改修提案ワークショップ参加者募集 »

赤湯十分一山 環境ツーリズムワークショップのお知らせ


赤湯温泉 白竜銀河の森
十分一山と白竜湖の楽しみ方を考える 環境ツーリズムワークショップ



 赤湯 環境ツーリズムプロジェクトは、山形県南陽市赤湯の十分一山及び白竜湖周辺の自然環境と第一次産業が作り出す景観、そしてそこでとれる食材などを楽しむ旅の舞台を、地域住民や企業、行政との協働により作り上げてゆくためのプロジェクトです。この構想では、小さな実験的プロジェクトを繰り返して多くの方々と体験を共有し、そのフィードバックをもとにあるべき方向に修正をしながら整備を進めていくことを特徴とします。

 これまで2年間にわたり、「ぶどう畑のレストラン」プロジェクトを通じて地域の自然環境を楽しむ場所を仮設し、使ってみる試みを実践してきました。今回この地域の潜在力を探り、更に多くの方と意見交換する機会として、この地域を皆でリサーチし活用する方策について話し合うワークショップを開催します。初夏を迎え緑が深まる里山に、是非お越し下さい。

 お申し込みご希望の方は、お名前・住所・年齢・連絡先を下記までお知らせください。
いきかえりの宿 瀧波(須藤)TEL: 090-7933-1515 e-mail: s.suto@takinami.co.jp


日 時:2011年6月26日(日) 13 : 30 いきかえりの宿 瀧波 集合(山形新幹線赤湯駅よりタクシーで10分)
      13 : 45よりリサーチに出発 ぶどう畑のレストランにてティータイムとガイダンス
      17 : 30より 環境ツーリズムに関するミニレクチャーと発表会
      18 : 30より 交流会  20:00 終了予定

場 所:山形県南陽市赤湯 白竜湖周辺及び十分一山 "白竜銀河の森"
参加費:3,000円(交流会での飲食費、温泉入浴費 込) 小中学生 1,000円  

内 容:十分一山や白竜湖周辺を探索し、写真撮影やマップづくりを行います。
    その後の発表会や交流会での意見交換を通して、地域の環境を楽しむ方法について皆で考えます。
    ご希望の方には温泉入浴も承ります。 

服装・:長袖シャツ・長ズボン・長靴もしくは運動靴・帽子・軍手・水筒・タオル・
持ち物 着替えのシャツ・雨具(雨天時)・虫よけスプレー・デジタルカメラ・筆記用具
お泊り:宿泊ご希望の方は、一泊朝食付き6,000円(税込)のプランを、瀧波にてご用意いたします。

主 催:白竜銀河の森づくりプロジェクト
    (山形みどり環境税公募事業 株式会社 いきかえりの宿 瀧波 企業の森造り事業)
     +東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科 西澤研究室 ぶどう畑のレストランプロジェクト   
協 力: 紫金園 須藤ぶどう酒工場 Responsive Environment

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buildinglandscape.com/mt/mt-tb.cgi/180

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)