« しまなみ海上列車 | メイン | Mediascape @ Yokohama »

ぶどう畑のレストラン

 
Responsive Environment の日高と西澤の監修による「ぶどう畑のレストラン」プロジェクトを10月4日に開催します。




赤湯温泉 白竜銀河の森

ぶどう畑のレストランプロジェクト

十分一山自然環境ツアー


「ぶどう畑のレストラン」プロジェクトは、東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科西澤研究室3年生が取り組んでいる仮設レストランの計画です。これは、優良な環境の中で楽しめる地元特産食材を提供する飲食施設を拠点として、農村および地方都市環境再生ののためのブレイクスルーを考えるためのものです。

場所は南陽市赤湯十分一山、ぶどう畑のすばらしい風景を見晴らす森の中です。ここは現在耕作されていないかつてのぶどう畑。いきかえりの宿 瀧波が代表幹事を務める「白竜銀河の森づくり」構想の一環として、麓にある赤湯温泉という観光資源とともに、継続的に使われる場所としての保全と活性化が求められています。

「美しい風景の中で、美味しいものを食べる。」
このツアーは、そんなとびきりの場所をつくるための、最初の試みです。環境と風景、そしてここで収穫された食材といった場所固有のすばらしさを体験していただき、新たなグリーンツーリズムの可能性を皆様とともに考えてみたいと思います。


日 時:  2009 年10 月4 日( 日) 14 : 30 ~ 18 : 30
場 所:  赤湯十分一山: 白竜銀河の森

参加費:  3,000 円(夕食代込)  小中学生 1,000 円
主 催:  白竜銀河の森づくりプロジェクト(山形みどり環境税公募事業 代表幹事:いきかえりの宿 瀧波)
      +東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科 西澤研究室 ぶどう畑のレストランプロジェクト
協 賛:  株式会社 ヴィノスやまざき
協 力:  Responsive Environment
お問合せ: いきかえりの宿 瀧波(須藤) TEL: 0238-43-6111 e-mail: s.suto@takinami.co.jp
U R L :  http://renis.sakura.ne.jp/vineyard/

集合場所: いきかえりの宿 瀧波 14:30 集合 (14:45 出発)
服装・持ち物:長袖シャツ・長ズボン・長靴もしくは運動靴・帽子・軍手・
       水筒・タオル・着替えのシャツ・雨具(雨天時)
内 容:  白竜銀河の森自然観察学習
      仮設レストランでのお食事会(地元食材の料理、ワインなど)
      温泉入浴(ご希望の方)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buildinglandscape.com/mt/mt-tb.cgi/167

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)